トライアングルからPetronius(ピート) 50UL SGが11月中旬に発売します!

大人気で完売していたPetronius(ピート) 50ULがストレートグリップモデルになって登場です。

バット部だけじゃなくティップの先までボロンをまとったフルレングスボロン。

ガングリップからストレートグリップへ

ガイドもチタントルザイトを採用。

今回のPetronius(ピート) 50UL SGもすぐに完売しそうですね!

今、そしてこれからの渓流ルアーフィッシングに対応するフルレングスボロンロッド
大きな負荷がかかると筋肉質な特性が顔を出す「ボロン」を、極細ティップセクションのその先端までしっかりと配置した“フルレングス”ボロンロッド「Petronius(ピート)」。

ベイトロッドの分野では超軽量ルアーに分類されるアンダー2gでも、しなやかな曲がりがキャストタイミングを教えてくれます。慣れるに従い、軽量ルアーでも「速度」を使ってしっかりと曲げこむことが可能で「ある一定の入力から強い反発を返す」というボロンの特性によりルアーを高初速で射出します。シャキっとしたルアー操作性と、ストレスのないキャスティング性能。それを実現するための極細「フルレングスボロン」のブランクス。ガイドにはチタンフレームトルザイトリングを搭載しました。

待望のストレートグリップモデル登場
今回の「SG」はリクエストの多かったストレート(S)グリップ(G)モデル。ウッドのリールシートにコルクのグリップ、エンドキャップをはじめマットに仕上げたメタルパーツたち。ストレートグリップならではの魅力とこたわりをふんだんに詰め込みました。

また、ストレートグリップ化に伴い本体重量の軽量化とブランクスの有効長が28mm延長され、よりキャストしやすい仕上がりとなっております。

☆2019年9月4日放送「トラウトギャラリー(釣りビジョン)」で使用したロッドは本製品のプロトモデルです。

https://try-angle-fishing.com/product/petesg.html?fbclid=IwAR0otdtcf4x-WsbMY0ntmJ8pw7amD__go2OCJyOabXFa4hoMGqgWQ0ppV2I

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事